カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鎌倉時代超希少長光の婿畠田守家の子在銘『備州長船守重』特別保存刀剣

銘文 『備州長船守重』 種別 太刀  長さ 77.4センチ 反り 2センチ 元幅29ミリ 先重7ミリ 先幅18ミリ 元重5ミリ 刀身687グラム (すべて約です) 東京都教育委員会   

大変希少な現存奇跡の在銘『備州長船守重』です。

長寸で美しい反姿に板目に杢が交じる地金の美しさを追求した上品なる地肌に地沸え良く詰み、地映りが立ち、金筋入り、金線、砂流しかかる、地刃共に見所を存分に示した一線を逸脱した至宝の一振りです。

備州長船守重は、畠田守家の子で、長光の婿となる人で、元重の父にあたる人です。老後は五郎左衛門入道と号しました。作品は、永仁、正和前後で備州長船守重、備州国住人長船守重などと銘を切ります。

鎌倉時代超希少長光の婿畠田守家の子在銘『備州長船守重』特別保存刀剣

価格:

2,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ