カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

後藤一乗と並ぶ名工二羽鳥図縁『天保癸卯陽複春明法眼』保存刀装具

在銘 『天保癸卯陽複 春明法眼(花押)』 素銅石目地赤銅据紋象嵌( 全て約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

素銅石目地に二羽鳥を高彫りし、赤銅象眼を施した状態良き名品です。

春明法眼は江戸時代後期の装剣金工。
天明7年生まれ。江戸の人。柳川直春にまなぶ。柳川風の色金を多用した高彫りを得意とした。京都の後藤一乗とならぶ名工といわれました。安政4年12月26日死去。71歳。名は韶。通称は忠蔵。

後藤一乗と並ぶ名工二羽鳥図縁『天保癸卯陽複春明法眼』保存刀装具

価格:

110,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ