カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

昭和の之定良業物在銘『濃州関住岡田兼定作之』孫六兼元写の三本杉

銘文『濃州関住岡田兼定作之』 種別 刀 長さ 65.4センチ 反り 1.8センチ 元幅32ミリ 元重7.5ミリ 先幅23ミリ 先重6ミリ 刀身742重量グラム(ハバキ含む) (すべて約です) 岡山県教育委員会

岐阜県関市住、名門和泉守兼定の名を継ぐ岡田兼定刀匠は戦後復活しなかった刀工の為に、戦後の作品がなく本刀は現在では貴重な茎にに桜の刻印が残っております。

日本国の為に命を懸けて守った将校の為に兼定刀匠が命懸けで作った御刀です。

美濃伝特有の小互の目乱れを几帳面に焼き刃縁には細やかな沸えがつき刃文構成は大変見事で孫六をうつした作で地刃ともによく冴えており、 これほど状態が非常に良いものは他に類が無いと思います。

まさに歴的資料に最適な一振りです。

ハバキが接着固定されております。研ぎの状態は研ぎ上がりに近く極めて良好です。

昭和の之定良業物在銘『濃州関住岡田兼定作之』孫六兼元写の三本杉

価格:

168,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ