カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最上作一竿子忠綱前銘二代在銘『粟田口近江守忠綱』保存刀剣鑑定書

銘文『粟田口近江守忠綱』 種別 わきざし  長さ 54.8センチ 反り 1.2センチ 元幅32ミリ  元重7ミリ 先幅23ミリ  先重5ミリ 刀身520重量グラム (すべて約です) 神奈川県教育委員会 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

一竿子忠綱前銘の傑作刀です。刀剣要覧より二代銘を載せましたのでご覧下さい。

刃文は得意とする大迫力の互の目乱れを見事に焼き、金線走り小足よく入り、匂深く小沸よくつき、金筋入り細かな砂流しかかる、最上作の技量を遺憾なく発揮した申し分のない素晴らしい出来栄えとなっております。

忠綱は初代近江守忠綱、二代目を継ぎ、延宝頃に近江守を受領し、二代が評価が高く、「新刀最上作」に位置付けられる名工です。

最上作一竿子忠綱前銘二代在銘『粟田口近江守忠綱』保存刀剣鑑定書

価格:

498,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ