カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鎌倉末期古入道国光が祖『古宇多』黒呂色打刀拵え入付特別保存刀剣

銘文『無銘』 種別 刀 長さ 69.5センチ 反り 1.8センチ 元幅30ミリ 元重7ミリ 先幅20ミリ 先重5ミリ 刀身676グラム (すべて約です) 神奈川県教育委員会   

宇多鍛冶は、鎌倉末期に祖古入道国光がその子、国宗、国房等一族を引き連れ、大和宇陀より越中に移住したのに始まり、その中でも鎌倉末期から南北朝期までの作を古宇多と呼称しております。

古宇多特有の相伝気質も兼ね備えており左文字を彷彿するような出来栄えで、刃中は金筋及びほつれ絡んで地沸が厚く、地肌細かく良く詰み、小沸がよくつき明るく冴えた拵えも付属する極上の一振りです。

鎌倉末期古入道国光が祖『古宇多』黒呂色打刀拵え入付特別保存刀剣

価格:

598,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ