カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

新刀最上作二代在銘『粟田口近江守忠綱』極上拵え付特別保存刀剣特別貴重二通藤代義雄氏鑑定書

銘文『粟田口近江守忠綱』  種別 脇差 長さ 57.9センチ 反り 1.0センチ 元幅33ミリ 元重7.5ミリ 先幅22ミリ  先重5.5ミリ 刀身664重量グラム (すべて約です) 福島県教育委員会  昭和26年大名登録  日本美術刀剣保存協会鑑定書付  

資料で載せましたが二代銘の新刀最上作である一竿子忠綱です。
拵えも刀身に劣らぬ素晴らしい物が付いております。
龍図、素剣彫りが見事に施されており小板目肌の良く詰んだ鍛えに地沸つき小沸よくつき、細かな砂流しかかり明るく冴える自信の程を感じさせる覇気に満ちた名刀と云えます。

一竿子忠綱は初代近江守忠綱の子で、二代目を継ぎ、延宝頃に近江守を受領し、元禄頃より一竿子の号が使われ始める。忠綱は二代が評価が高く、「新刀最上作」に位置付けられ、刀身彫刻の名手として名高く知られてます。

迫力のある彫は特別貴重の頃には但し書きがなく同人の彫りとの解釈を得ております。

新刀最上作二代在銘『粟田口近江守忠綱』極上拵え付特別保存刀剣特別貴重二通藤代義雄氏鑑定書

価格:

980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ