カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作の彫同作注文打『塚本一貫斎起正作』金印有一文字写し奇跡の特別保存刀剣

銘文『応栗山幸次朗氏需塚本一貫斎起正作高橋保彦佩之』『昭和十六年八月日昭和十七年壬午春剣巻龍幸次朗(金印)自彫』  種別 刀 長さ 66.6センチ 反り 1.6センチ 元幅32ミリ  元重7ミリ 先幅23ミリ  先重6ミリ 刀身747重量グラム (すべて約です) 神奈川県教育委員会 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

正直これ以上の傑作で彫同作のものはないと思います。更に茎には金印まで入っており当方金印がある日本刀自体を初めてみました。

現代刀が特別保存に合格するのは重要刀剣より厳しいと言われているそうで、人間国宝ですら現代刀は特別保存に合格することは困難です。

出来と彫の技量を見て頂ければ本工の凄さがお分かりいただけると思います。

一文字を写した華やかで古風な出来で、切先から刃区まで大暴れであり刃中に小沸え大変よくつき金線が走る素晴らしい丁子乱刃の最高傑作です。

塚本一貫斎起正(塚本新八)は福島県郡山で大正4年に生まれる。 笠間一貫斎繁継に入門し、頭角を表し師匠より一貫斎という師匠の名前を受領し後に師匠の娘婿となる。
元陸軍受命刀匠で戦後は日本刀展覧会審査委員を行い優秀賞、特賞3回海軍大臣賞、文部大臣賞陸軍軍刀技術奨励会会長賞伊勢神宮奉納謹作等数多くの賞を獲得。 昭和33年43歳という若さで亡くなったため作刀数は少なく希少です。

最高傑作の彫同作注文打『塚本一貫斎起正作』金印有一文字写し奇跡の特別保存刀剣

価格:

1,180,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ