カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

神吉派の名金工上下対鶴透『楽寿』松皮菱家紋保存刀装具

無銘 『楽寿』 菊花形 鉄磨地地透 地透 手彫 丸耳 縦幅74ミリ 横幅73ミリ 重ね4ミリ 重量105グラム( 全て約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

大きく翼を広げて阿吽の相を示す鶴を上下に対に配し、文様化された図をすっきりと表わし透かしの空間は松皮菱の家紋になっております。

良い鉄味の趣ある巧みな名品です。

江戸時代初期には九州肥後に肥後金工が繁栄し,林,西垣,志水,平田の諸派が大きな勢力を築きました。各派は細川家の抱工として繁栄します。その作風は、武家文化の精神である派手さをおさえた上品な奥ゆかしい美が特徴です。幕末にでた神吉家は肥後金工一派の苗字です。林派の流れを受けついだ神吉派三代の楽寿は、林又七以来の名人と称されました。

神吉派の名金工上下対鶴透『楽寿』松皮菱家紋保存刀装具

価格:

248,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ