カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

上杉家伝来『備前国住長船義景』鎌倉後期から南北朝時代初期『大宮』保存刀剣

銘文『無銘』 種別  刀 長さ 68.2センチ 反り 1.2センチ 元幅30ミリ 元重7.5ミリ  刀身751重量グラム (すべて約です) 福島県教育委員会

鞘書には上杉家伝来とあり長義一族である備前国住長船義景の極められ近年の審査では大宮と極められております。

勇ましい長巻造で、小板目肌よく詰み備前伝特有の小互ノ目丁子を焼き砂流し、沸え交じり、匂口明るく冴えた一振りです。

大宮派は祖である国盛が、鎌倉後期から南北朝時代初期にかけて山城国猪熊通大宮より備前国大宮に移住したことより始まる一派を云い、助盛、盛重、盛利、盛景、師景らが代表工とされています。

上杉家伝来『備前国住長船義景』鎌倉後期から南北朝時代初期『大宮』保存刀剣

価格:

298,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ