カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

超傑作親子合作刀『備中國平安城源祐光源勲作之』『昭和丙寅年正月吉祥』御刀箱入

銘文 『備中國平安城源祐光源勲作之』『昭和丙寅年正月吉祥』 種別 刀 長さ 70.8センチ 反り 1.5センチ 元幅33ミリ 先重8ミリ 先幅24ミリ 元重5ミリ 刀身760グラム (すべて約です) 岡山県教育委員会   

平安城源祐光刀匠と祐光刀匠の子、源勲刀匠による合作刀です。

地鉄の素晴らしさを追求したよく詰んだ美しい地鉄に、華やかな丁子乱れを焼き、刃文は福岡一文字を彷彿する出来となっており、足、葉入り、砂流し見事に冴えて素晴らしい働きの一振りです。

美しい現代刀を是非とも手に取りご堪能ください。
祐光の本名は竹下善自、大正四年生、岡山県川上郡川上町住、父の栄太郎祐光と沖芝正次の門人、入選等多数受賞。 昭和十六年、文部省後援の日本刀展に入選、同十八年(1943)には特選。岡山県笠岡市笠岡の『笠神社』の御神刀を鍛錬している。作刀陸軍受命刀匠を経て、昭和二十九年(1954)、早い時期に文化庁より作刀承認を受けている。昭和三十九年~四十五年、日本美術刀剣保存協会の『新作名刀展』にて7回連続入選、都合11回の入選を果たしました。昭和後年には岡山県高梁市三沢に鞴を構え槌音を響かせ、後身で実子の『源勲』の指導にあたりました。

勲刀匠の本名は竹下勲、「吉備国源勲」等と切る、岡山県川上郡川上町住、祐光刀匠の子か弟と思われます。

超傑作親子合作刀『備中國平安城源祐光源勲作之』『昭和丙寅年正月吉祥』御刀箱入

価格:

380,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ