カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

堀川国廣門大業物初代在銘『和泉守藤原国貞』井上真改父特別保存刀剣

銘文『和泉守藤原国貞』 種別 脇差 長さ 40.4センチ 反り 1.0センチ 元幅26ミリ 元重6ミリ 先幅17ミリ 先重4ミリ 刀身278重量グラム (すべて約です) 東京都教育委員会

当刀は小板目良く詰み国貞得意の互の目丁子乱れを焼き、地沸えつき、刃縁の金筋、沸えは大変冴えており明らかに群を抜いた大業物に相応しい素晴らしい傑作です 。

初代和泉守國貞(親国貞)は上京して堀川国廣門に入り大坂に移住、修行を積み、慶長十九年の国廣没を機に大坂に出て独立、元和九年九月十五日三十四歳の時に和泉守を受領します。寛永中ごろには飫肥藩五万四千石伊藤家三代藩主祐久より知行百石を与えられ、それ以来終生家士として仕えました。同じ堀川国広門にあった初代河内守国助と共に華やかな大阪新刀の礎を築いた名工中の名工です。国貞の子(後の井上真改)が同銘を継いだ為に、区別の意味で俗に親国貞と称されています。晩年は入道して道和と称したと伝え、慶安5年63歳で歿しました。本作の親国貞は新刀上々作に列位し、また刃味が良いと賞賛され大業物として名を高めています。大坂新刀の祖となる誰もが知る名工です。

堀川国廣門大業物初代在銘『和泉守藤原国貞』井上真改父特別保存刀剣

価格:

398,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ