カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作の皆焼京都三品派上々作京初代在銘『丹波守吉道』極上品の特別保存刀剣

銘文 『丹波守吉道』 種別 刀 長さ 74センチ 反り 1.7センチ 元幅32ミリ 元重7ミリ 先幅22ミリ 先重6ミリ  刀身796グラム (すべて約です) 広島県教育委員会

同家は京都を代表する名家の1つとして代々名跡を継ぎ、初代の作は現存数が少なく、滅多にない紛れもない京初代の丹羽守吉道です。

このように皆焼となる簾刃は恐らくは世の中にこの一振りのみであり、まさに大成期の最高傑作と言えます。

作風は迫力の簾刃であり、未だかつて見たことも無いような迫力の皆焼となっており、小板目肌が細かく詰んだ鍛えに映りたち、地沸厚くつき、沸筋頻りに入る華やかな出来で、匂深く、砂流しがしきりにかかるなど、地刃共に本工の本来の作風を超越する素晴らしい一振りです。

生茎在銘超傑作を激安で手に入れる最大のチャンスです。

丹波守吉道(京初代)は、美濃国大兼道の三男に当たり、文禄の初め頃、父、兄伊賀守金道、和泉守来金道、弟越中守正俊と共に京へ上りました。文禄四年には『丹波守』を受領し美濃伝に相州伝を加味し、それを独自に発展させた同工創案の『簾刃』は、三品鍛冶の代名詞となっております。

最高傑作の皆焼京都三品派上々作京初代在銘『丹波守吉道』極上品の特別保存刀剣

価格:

1,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ