カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鎌倉時代前期古青江在銘『助次』特別保存刀剣金梨地菊紋桐紋金蒔絵鞘糸巻太刀拵

銘文『助次』 種別 たち 長さ 二尺三寸三分 反り 七分五厘 元幅28ミリ 元重7ミリ 先幅17ミリ 先重5ミリ  刀身566重量グラム (すべて約です) 愛知県教育委員会 昭和26年大名登録

古青江特有の大振りの銘が古青江と分類される鎌倉時代前期の特徴であり、地景細かに入り、映り立ち、特有の小乱刃にほつれかかり、小沸深くつき、金筋、砂流しかかり二重刃ごころとなるなど、まさに武器というより洗練された宝飾品と言える未知の遭遇であり古青江派の特色と見所をよく示した素晴らしい逸品です。

備中青江の太刀は精良な地鉄と美しい刃文で声望高く、鎌倉初期の古青江貞次、恒次、次家は後鳥羽院の御番鍛冶を務める栄誉に浴した名工です。
 助次も誉れある青江を代表する工の一人で、鎌倉時代前期、中期弘長正和頃と代を重ねた刀工です。

鎌倉時代前期古青江在銘『助次』特別保存刀剣金梨地菊紋桐紋金蒔絵鞘糸巻太刀拵

価格:

3,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ