カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

堀井秀明一門稀少な『三笠刀』皇国興廃在此一戦彫物

在銘『三笠砲□』『刻印(日本製鋼所社章)、』種別 短刀 長さ21.1センチ 反り 0センチ 大阪府教育委員会平成25年7月登録  元幅16ミリ  元重5ミリ  刀身重量78グラム (約です) 「三笠」は日本海海戦の勝利を記念し、日露戦争で戦艦帝國連合艦隊の旗艦であった主砲残鉄を使用して日本製鋼所室蘭工業所 瑞泉鍛刀所の名門刀匠胤明の子で門人堀井秀明一門が作刀した記念刀身です。皇国興廃在此一戦の彫物は有名な東郷元帥の日本海海戦の時の戦闘旗Z旗の掲揚と全艦に発令皇国興廃在此一戦の有名な言葉で日本の歴史を語る貴重な名短刀で三笠刀を佩用することは、かなりのステータスであり海軍士官の間で大人気の刀剣だったそうです。

堀井秀明一門稀少な『三笠刀』皇国興廃在此一戦彫物

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ