カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

正宗十哲志津三郎兼氏『志津』古刀最上作特別保存刀剣

銘文 『志津(金象嵌)』 種別 わきざし  長さ 49.9センチ 反り 0.9センチ 元幅30ミリ 元重7ミリ 先幅28ミリ 先重6ミリ 刀身551グラム (すべて約です) 千葉県教育委員会   
 
迫力の大帽子、激しい映りと乱刃の三拍子が揃った志津金象嵌銘の名刀です。

これぞ南北朝体配最骨頂といえる姿で、平地には映りが立ち、地景を交えた流動的な大板目肌で、刃文は小互の目丁子乱れに丁子を交えた相州伝で、出来はずば抜けており、砂流し美しく刃中は、変化に富み、匂足とほつれが働き、師正宗を彷彿する凄まじい出来栄えの一振りです。

志津三郎兼氏は大和から美濃の志津に移住したと伝えのち相州正宗に学び、大和物に相州物を加味した独特の関物の鍛法を完成させ南北朝以降栄えた関物刀工の祖と言われる名工です。

正宗十哲志津三郎兼氏『志津』古刀最上作特別保存刀剣

価格:

798,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ