カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

新刀上々作大業物在銘『近江大掾藤原忠広』保存刀剣特別貴重刀剣大名登録

銘文 『近江大掾藤原忠広』 種別 脇差  長さ 一尺五寸三分 反り 三分 元幅 31ミリ 元重 6ミリ 先幅23ミリ  先重5ミリ 刀身重量 502グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  広島県教育委員会大名登録

新刀上々作大業物近江大掾藤原忠広です。広島県昭和26年大名登録で日本美術刀剣保存協会鑑定書が二通付いております。

刃中は変化に富み、たっぷりと付いた沸、ほつれ絡んで明るく冴えて見事な働きを見ることができ本工の示す技量を遺憾なく発揮した素晴らしい名刀です。

近江大掾忠廣は、慶長十九年大坂冬の陣の年に初代肥前忠吉の子として生まれ、幼名を平作郎と称し、後に父と同じ新左衛門に改めた。忠廣は正系を継ぐ要から、寛永九年八月に父忠吉が六十一歳で没した年で忠廣十九歳の時には既に一流刀工としての技術を身につけ、一門を統率して家名を盛り立て、寛永十八年近江大掾を受領、貞享三年、嫡子陸奥守忠吉三代目の亡き後は孫の近江大掾忠吉四代目を指導、元禄六年五月、八十歳の高齢をもって天寿を全う、六十有余年に亘って鍛刀一筋の生涯を貫き、肥前刀の名を世に高らしめた稀代の名工です。

新刀上々作大業物在銘『近江大掾藤原忠広』保存刀剣特別貴重刀剣大名登録

価格:

0円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ