カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

埋忠明寿を思わせる桐紋透花銅図鍔『埋忠』三枚地立の珍品保存刀装具

桐紋透花銅図鍔 無銘 埋忠 木瓜形 鉄鎚目 赤銅磨 素銅三枚仕立地 陰透 金消込象嵌 毛彫 赤銅覆輪耳  縦幅76ミリ 横幅74ミリ 重ね6ミリ 重量144グラム( 全て約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

埋忠明寿を思わせる鍔で、昼夜で赤銅と鉄そして内部には素銅を使い三枚仕立となっており技能の高さを見事に示した逸品です。(覆輪は素銅となっております)
三種の素材を使い仕立てた鍔は当方も初めて見ましたが非常に珍しい物と思います。

埋忠家は代々足利将軍家の御用を勤めた名流で、桃山時代の埋忠明寿が特に有名で足利義昭に仕え、洗練された短刀の技や斬新な意匠の彫刻にそれ以前の鍛冶と大きく趣きを変えるものがある。また、肥前国忠吉・播磨守輝広の名工を門下に輩出したことから、堀川国廣と並んで『新刀の祖』と仰がれて世上名高い。

埋忠明寿を思わせる桐紋透花銅図鍔『埋忠』三枚地立の珍品保存刀装具

価格:

138,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ