カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最上作後鳥羽院番鍛治古青江在銘『貞次』奇跡の生茎特別保存刀剣

銘文 『貞次』 種別 刀  長さ 68.9センチ 反り 2.3センチ 元幅 27ミリ 元重 6ミリ 先幅 16ミリ  先重 4ミリ  刀身重量 461グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  香川県教育委員会

凄いものが出てきてしまいました。古刀最上作、奇跡のうぶ茎在銘品であり、国宝や重要文化財がある貞次です。
重要文化財に指定されておりますこちらをクリックの貞次と姿、出来が酷似しております。当刀は目釘穴が一つであり、更なる貴重な作と云えます。
刃こぼれが無ければ重要文化財凌ぐ価値と云えるでしょう。
特有の腰反りで踏ん張りのついた古風な太刀姿で地鉄は映りが鮮明に立ち、刃中は見事な小乱刃で、小沸がよくついて足や葉がよく入り、素晴らしい働きを見せ、平地には美しい映りが立ち、帽子もきちんと残っており、働きともに群をいたき巨匠に相応しい作を示しています。
世に出ること自体が奇跡と云える生茎、貞次在銘の名刀を是非とも手に取りご堪能下さい。

貞次は、康次、恒次などと共に古青江を代表する刀工として知られている。また、後鳥羽院が全国の刀鍛冶を京都に集めて月替わりで鍛刀をさせた際、召し出された名匠です。

最上作後鳥羽院番鍛治古青江在銘『貞次』奇跡の生茎特別保存刀剣

価格:

3,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる