カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

大奥春日局旦那、稲葉内匠頭所持之最上作初代忠吉『武蔵大掾藤原忠廣』最上大業物特別保存刀剣

銘文『武蔵大掾藤原忠廣』『銀象嵌)稲葉内匠頭所持之』 種別 脇差 長さ 45.5センチ 反り 0.2センチ 元幅37ミリ 元重6.5ミリ 先幅32ミリ 先重6ミリ 刀身591重量グラム (すべて約です) 岐阜県教育委員会

岐阜県昭和26年大名登録であり、美濃国十七条藩主、下野国真岡藩初代藩主、稲葉家宗家初代稲葉正成の所持刀です。

稲葉内匠頭については資料を載せましたのでそちらをご覧下さい。

技量ある者のみぞしか成し得ない豪壮なる切刃造であり龍図の額彫は臨場感があり素晴らしい彫が本刀を一段と華やかに飾っております。

刃縁には美しい砂流し、匂口明るく冴え、非常に覇気があり、明らかに群を抜いており物凄い出来であることは写真でもほんの僅かながらもお伝えできたと思います。
まさに肥前刀のお手本と云えるような初代忠吉ならではの作風でパーフェクトな出来栄えと云えます。

武蔵大掾忠広は、肥前新刀鍛冶。名手とされ新刀最上作最上大業物 。初代忠吉同人で、橋本新左衛門と称し肥前国鍋島藩の抱え工であり、慶長元年、藩命により京の埋忠明寿の門に入って鍛刀の技を学びました。

大奥春日局旦那、稲葉内匠頭所持之最上作初代忠吉『武蔵大掾藤原忠廣』最上大業物特別保存刀剣

価格:

1,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ