カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

大徳川家伝来品矢羽図三所図『十代平田彦四郎春行』小柄百選所載品特別保存刀装具


矢羽図三所図三所物『十代平田彦四郎春行』無銘
小柄、笄 赤銅魚子地 高彫 色絵 
目貫 赤銅地 容彫 色絵

本作は小柄百選所載品で、大徳川家に伝来されていた旨が記されており、 地板の裏面には蔵番号と表には自身の書き付けがある渾身の最高傑作品です。

上質の赤銅魚子地と彫技はさすがで、揃いの三所物はその品格を一層高めております。

徳川家への献上品として精魂込めて製作した旨が伝わる唯一無二の品格ある三所物です。

平田家は七宝という独自の手法を一子相伝に継承し徳川幕府のお抱え工として活躍し、後藤、吉岡と並ぶ刀装具の名家で、初代を道仁とし就一、就久、重賢、就門、就行、就亮、春就、就将、春行と代々幕府に仕えた名門です。

横幅210ミリ
縦幅12ミリ
重ね4ミリ
重量43グラム

小柄
横幅96ミリ
縦幅15ミリ
重ね5ミリ
重量35グラム

目貫
左側
横幅37ミリ
重量4グラム

右側
横幅37ミリ
重量3グラム
全て約です。

大徳川家伝来品矢羽図三所図『十代平田彦四郎春行』小柄百選所載品特別保存刀装具

価格:

1,480,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ