カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作の涛乱刃上々作大業物希少な在銘『照包作』特別保存刀剣極上拵え付き

銘文『照包作』 種別 刀 長さ 66.5センチ 反り 0.9センチ 元幅32ミリ 元重6ミリ 先幅22ミリ 先重5ミリ 刀身613グラム (すべて約です) 大阪府教育委員会   

稀少な照包銘の最高傑作であり極上拵え付きで権威ある大名家に伝来していたものと思われます。

得意の大互の目を焼いた品格ある一振りで、小板目肌が大変良く詰み、地沸え良くつき、匂口明るく、激しく乱れ力量と精神を余すところなく見せつける入魂の出来となっております。
照包は越後守包貞の二代目であり、作品の多くは越後守包貞と銘を切ります。後には三代包貞に後を譲って照包と改銘しますが、照包銘の作品は少なく貴重です。大阪新刀を代表する涛乱刃の名工で、涛乱刃の他にも直刃や丁子刃などを焼いて活躍しました。津田越前守助廣、井上真 改と並び大阪新刀の代表工の一人です。

最高傑作の涛乱刃上々作大業物希少な在銘『照包作』特別保存刀剣極上拵え付き

価格:

1,480,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ