カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

鎌倉時代山城伝の名刀『延寿国泰』重要刀剣超極上美濃拵え付き

銘文『無銘』 種別 刀 長さ 70.0センチ 反り 2.4センチ 元幅28ミリ 元重7ミリ 先幅21ミリ 先重5ミリ 刀身651グラム (すべて約です) 大阪府教育委員会  

鞘書では山城の来國行の孫と伝えられる延寿派始祖國村として極められ、重要刀剣にて延寿国泰の個銘極めの素晴らしい極上拵え付きの一振りです。

証書で佳品と称賛されているとおりの素晴らしい一振りで、出来は来国光を彷彿させ、淡く映り立つ潤うような小板目の地肌が素晴らしく、地沸つき匂口締まりごころに小沸がつき、小足細かく良く入り、姿が美しく古調さを感じさる名刀です。

延寿鍛冶は、大和千手院弘村の子で山城の来国行の外孫と伝える太郎国村を祖として、鎌倉時代末期から南北朝期にかけて同国菊池郡隈府の地に大いに繁栄しました。 国泰は「古延寿」と呼ばれる鎌倉時代末期の延寿派の刀鍛冶で、勤王鍛冶として菊池一族とその盛衰を共にし戦国時代まで名脈を伝えております。

拵えの切羽ですがつなぎですと4枚でピッタリ入りますが、柄が時期的な影響で木が硬くなっており、刀身で入れますと1枚で入ります。切羽が4枚あるのはツナギで置いとく時用です。

鎌倉時代山城伝の名刀『延寿国泰』重要刀剣超極上美濃拵え付き

価格:

2,680,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ