カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

初代兼植の門人在銘『相模守藤原国綱』『越前住』特別保存刀剣

銘文『相模守藤原国綱』 『越前住』 種別 刀 長さ 二尺三寸0分五厘 反り 四分 元幅32ミリ  元重7ミリ 先幅22ミリ  先重6ミリ 刀身749重量グラム (すべて約です) 三重県教育委員会 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

大ぶりの長銘で「相模守藤原国綱」、裏に「越前住」ときり国綱は家康に仕えた康継によってその名を知られる越前下坂一派の刀匠で師の兼植と共に業物としても有名です。

肥前国忠吉の最高傑作を見るような出来で小板目肌に地沸よくつき、 匂がふかく、刃縁には砂流しが実に見事で明るく非常に美しい働きがあり見事な出来栄えの一振りです。
流石は直刃を得意とした名工であったことを頷ける素晴らしい作風です。
特別保存の在銘品で奇跡のプライスを実現いたしました。

越前国相模守国綱は越前下坂一派で初代兼植の門人。俗名を多兵衛尉と云い、江戸での作刀もあり越前新刀の良工として知られ、師の兼植と共に業物としても有名です。

初代兼植の門人在銘『相模守藤原国綱』『越前住』特別保存刀剣

価格:

480,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ