カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作超希少初代兼若の在銘品『越中守藤原高平』生茎特別保存刀剣桐家紋紋目貫極上拵え付

銘文『越中守藤原高平』  種別 刀 長さ 二尺二寸 反り 五分 元幅33ミリ  元重7ミリ 先幅24ミリ  先重5.5ミリ 刀身764重量グラム (すべて約です) 茨城県教育委員会 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

初現存作が少ない希少な初代兼若生茎の逸品です。

前田家には多くの鍛冶が抱えられていましたが、兼若はその中で最も腕前が良い刀匠です。
加賀前田百万石では、「兼若の刀を持っている侍ならば身分が低くとも嫁にやろう」と言われるぐらい、兼若は加賀正宗と謳われる程大変格の高い人気の名工です。
出来も素晴らしく躍動感ある迫力の出来で板目良くつみ、地沸つき、刃縁には見事な金筋、砂流しが美しく華やかなで匂い深く刃縁の砂流しは明るく見事で志津三郎兼氏を忠実に写した最高傑作と云える一振りです。

拵えは桐家紋目貫の凝った造りのものが付き大名家より伝わる一振りであることは間違いと思います。

初代兼若は江戸時代の加賀国の刀工。新刀上々作にして大業物。通称「甚六」。元和5年に越中守を受領している。志津三郎兼氏の末裔と称する加州新刀を代表する稀代の名工です。

最高傑作超希少初代兼若の在銘品『越中守藤原高平』生茎特別保存刀剣桐家紋紋目貫極上拵え付

価格:

1,398,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ