カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

東京国立博物館展示品幕末の偉傑三士『勝海舟』三舟展出展品八言一句二行書掛け軸

幕末の偉傑三士、勝海舟による八言一句二行書です。

東京国立博物館やその他の展示会などにも展示された大変希少な逸品です。
国立博物館展示された際の預かり証や展覧会のはがきなども付いております。
非常に珍しく世に出ること自体滅多にない貴重な名品を是非とも家宝にお加え下さい。

勝 海舟 / 勝 安芳(かつ かいしゅう / かつ やすよし、文政6年1月30日〈1823年3月12日〉 - 明治32年〈1899年〉1月19日)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。位階勲等爵位は正二位勲一等伯爵。 山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれる。

東京国立博物館展示品幕末の偉傑三士『勝海舟』三舟展出展品八言一句二行書掛け軸

価格:

798,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる

ページトップへ