カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

長船鍛冶名門在銘『備州長船祐定作』『天正四年八月日』保存刀剣拵え入り

銘文 『備州長船祐定作』 『天正四年八月日』 種別 刀  長さ 69.7センチ 反り 2.1センチ 元幅 30ミリ 元重 7ミリ 先幅21ミリ 先重5ミリ 刀身重量 690グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  茨城県教育委員会

古備前を見るような見事な作風で平地には映りが立ち、刃中は見事な小丁子乱れを焼き変化に富み明るい金筋を交えるなど古雅な趣をよく示した備前伝のお手本と云える作品です。

長船鍛冶の中でも祐定の一派は特に名を高めて後代まで長きに渡り繁栄しました。天正頃の祐定には「彦左衛門尉祐定」や小早川家抱え工の「七朗右衛門尉祐定」や『与三左衛門祐定』などが代表工でいずれも祐定の最高峰に位置する名工です。
刀身を鞘をおさめる際に内部に僅かなあたりが見られます。

長船鍛冶名門在銘『備州長船祐定作』『天正四年八月日』保存刀剣拵え入り

価格:

380,000円 (税込)

購入数:

在庫

在庫切れ

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる