カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

傑作名刀鎌倉後期『当麻』特別保存刀剣 越中則重高弟『真景』特別貴重刀剣

銘文 『無銘』 種別 刀  長さ 61.9センチ 反り 1.3センチ 元幅 30ミリ 元重 6ミリ 先幅22ミリ 先重5ミリ 刀身重量 607グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  神奈川県教育委員会


近年の特別保存刀剣鑑定書にて当麻(鎌倉後期の名工一派)と極められ、 特別貴重刀剣鑑定書において真景(良業物 越中則重高弟)と極めを頂いております。

共に最高の極めであり出来は明らかに群を抜いており、流れるような大板目肌がよく詰み、地沸厚くつき、地景が細かに入った鍛えに、小沸が厚くつき、砂流しがかかり金線が走る華やかな出来を示した傑作の出来栄えです。

当麻鍛冶は、奈良県北葛城郡当麻にある当麻寺に所属していた鍛冶のことです。国行を祖とし、友清、友行、俊行、有俊等の刀匠が鎌倉後期から南北朝期にかけて活躍しています。

真景は越中則重高弟で相州伝を踏襲し、かつ昇華させた南北朝期の貞治ごろの名匠として知られております。

傑作名刀鎌倉後期『当麻』特別保存刀剣 越中則重高弟『真景』特別貴重刀剣

価格:

698,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる