カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作最上作在銘『備州長船景光』鎌倉期振袖茎特別保存刀剣

銘文 『□州長船景光』 種別 短刀  長さ 24.8センチ 反り 0.1センチ 元幅 24ミリ 元重 6ミリ 刀身重量 141グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  福岡県教育委員会

現存する在銘品の多くは重要文化財や国宝などに指定され、世に出ること自体が奇跡と云える非常に希少な景光在銘です。

本工の魅せる最高の出来で鍛えは小板目肌がよく詰み、地沸厚くつき、地景細かに入り、乱れ映りが鮮明のたち互の目を主調に、小沸がつき、匂口明るく冴える地刃共に素晴らしい最高傑作と云えます。

景光は長光の子で、名を左衛門尉といい、父の跡を受けて祖父光忠、父長光と続く長船正系の三代目を継ぎ作刀年代は、鎌倉末期の嘉元から南北朝初期の建武までの三十年余りにわたり、時代の過渡期でもある為に作風に鎌倉末期と南北朝期の双方の特色が見られます。片落ち互の目の刃文を完成したことで名高い名工です。彼の製作年紀は、鎌倉時代後期の嘉元から南北朝時代初期の建武までの三十余年に亘っており、鍛えの良さに於いては、父を凌ぐほどのものが見られます。

最高傑作最上作在銘『備州長船景光』鎌倉期振袖茎特別保存刀剣

価格:

3,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる