カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

重要刀剣吉岡一文字在銘『吉宗』前代未聞超豪壮長寸金梨地鞘桐家紋蒔絵糸巻太刀拵付

銘文 『銘不明』 種別 たち  長さ 94.1センチ 反り 3.6センチ 元幅 33ミリ 元重 8.5ミリ 先幅 22.5ミリ  先重 5ミリ  刀身重量 1217グラム (すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付  長野県教育委員会

吉岡一文字吉宗の生茎、在銘、奇跡の三尺一寸を超える長寸豪壮太刀です。

付属の金梨地鞘桐家紋蒔絵糸巻太刀拵えは、武家が競って御家の力と資力及び権力の象徴とも云われ、金粉をふんだんに使い装飾した格調高く華やな見事な梨地に桐家紋が施された極上の逸品で、中身の刀身の出来及び体配からしても全てが国宝に指定されていてもおかしくないような完璧な太刀です。
茨城県の国指定文化財指定の同工作の太刀よりも当然長寸であり状態的にも他に類が無いといっても過言ではないと思います。
三尺一寸を超える当時の姿をきちんと残し、地沸え良く詰み、平地には乱れ映りが立ち刃中の働きは群を抜いております。
小沸深い至宝の小丁子文に、金筋入り、砂流しかかる一線を逸脱した一文字派の魅せる絢爛豪華な働きを示しております。
最新技術をもってしても解析不能とされる最高の技術を駆使した一文字在銘の太刀を是非とも家宝にお加え下さい。

重要刀剣吉岡一文字在銘『吉宗』前代未聞超豪壮長寸金梨地鞘桐家紋蒔絵糸巻太刀拵付

価格:

13,800,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる