カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

肥後金工の第一人者釘透鍔『平田彦三』特別保存刀装具

型丸形 山銅鎚目地 陰透 土手耳   日本美術刀剣保存協会鑑定書付

縦幅74ミリ
横幅70ミリ
重ね6ミリ
重量160グラム
全て約です。
座布団付桐箱入りです。

最高峰の金工師の御一人である独特の存在感があり、光の加減で、色々な色に見える、素晴らしい技法を駆使した、時代を感じさせる逸品です。

江戸前期の装剣金工家。平田派の開祖。 旧姓を松本氏といい,江戸時代初頭に肥後(熊本県)で栄えた肥後金工の名工。 細川忠興に従って京都から移住したと伝えられる。主として鐔の制作に従事し, 「翁鑢梅花透鐔」「菊透鐔」(いずれも東京国立博物館蔵)などがある。

肥後金工の第一人者釘透鍔『平田彦三』特別保存刀装具

価格:

980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

ページトップへ