カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

最高傑作初代『肥前一文字出羽守行廣』『銀象嵌名ささのゆき』刀剣美術所載特別保存刀剣

銘文 『銀象嵌名ささのゆき』『肥前一文字出羽守行廣』 種別 刀 長さ 70.4センチ 反り 1.5センチ 元幅32ミリ 元重 7ミリ 先幅 22ミリ 先重 5ミリ 刀身重量769グラム(すべて約です) 日本美術刀剣保存協会鑑定書付

初代肥前一文字行廣の魅せる一線を逸脱し、出来のよさゆえに刀剣美術にも所載の この上なき最高傑作です。

ささのゆきとは、刀剣の斬れ味を示す刀の異名で切っ先に触れると、まるで笹の葉に積もった雪が落ちるかのように斬れるという切れ味にちなむものであり、最高の切れ味を誇る名刀と云えます。

刃中は変化に富んで飛び焼きを交え、たっぷりと付いた沸、ほつれ絡んで明るく冴え、砂流し、匂口明るく、これぞ肥前一文字と云える最高の力量と精神を余すところなく見せつける逸品です。

肥前国出羽守行廣は江戸初期の肥前刀を代表する名工で肥前刀の祖である忠吉の孫、初代河内大掾正廣の弟にあたり、名は橋本九郎兵衛といい天保5年に出羽大掾、寛文3年に出羽守を受領しました。初代肥前国出羽守行廣は石堂一派から備前伝を学び、銘鏨に一文字を現す鏨「一」を刻すことで有名な鍛冶であり肥前一文字と称されます。天和3年5月に行年66歳で没するまで多くの弟子を名工に育て上げた位の高い上工で新刀上作に列位します。

最高傑作初代『肥前一文字出羽守行廣』『銀象嵌名ささのゆき』刀剣美術所載特別保存刀剣

価格:

1,980,000円 (税込)

購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる